貿易取引について


海外からの輸入・海外への輸出に係る税務、貿易実務は特殊な取引です。
前職(専門商社)で貿易実務の経験を活かして、
輸出入取引を検討されている方にアドバイスをいたします。

 

 

 


 


かつて私は商社の経理部門にて以下の担当をしておりました。
・L/C 関連の手続き
・為替予約手続き
・送金手続き
これらの経験を活かし、
銀行関連の貿易実務取引について具体的にアドバイスいたします。

 


 


貿易取引の場合、国内取引と異なる面が多くあり
様々なリスクを抱えています。

 

海外の国々では、契約が重視されるため契約書に記載されていなければ、実行されないリスクも高まります。
交渉の結果決まった条件を全て盛り込んだ契約書を作成する事が重要になります。
契約を取り交わす上で、輸入の場合には相手国の輸出規制と日本の輸入及び販売時の規制、輸出の場合には相手国の輸入規制と
日本の輸出規制を把握しておく必要性があります。

 

 


海外との取引においては、商品と代金の同時取引はほとんど行われません。
商品の代金の支払時期にズレがあるので、後払いの契約の場合、輸出者に代金回収のリスクがあり、
前払い契約の場合、輸入者に商品入手のリスクがあります。

 

 


輸送距離が長くなれば、貨物の輸送上の自己リスクは大きくなります。
通常貨物の損害リスクは、海上貨物保険などでリスクヘッジします。

 

 


貿易取引においては、円以外の外貨で決済する事が多く、外貨建て資産負債の価値の変動が起こります。
為替予約等を利用する事によりリスク軽減を図ることができます。

 

 


 



 

初めての売買契約を結ぶ場合、代金回収のリスク、商品入手のリスクをカバーする手段として、
通常信用状(L/C:Letter of Credit) を使用して取引が行われます。

 

L/Cを使用した場合のメリット